元国際線CAがイタリア旅行にも持っていく美活アイテム2選 >>

ホエーをつかった自家製リコッタチーズのレシピ【わが家の食べ方と副産物の利用法も!】

手作りリコッタチーズ

手づくりリコッタチーズをつくってみたけれど、レモン汁をつかうと味がなんか違う。
酸味をつかわずにリコッタチーズをつくる方法ってないかしら?

本場イタリアで食べたフレッシュなリコッタチーズがおいしかった。
自分でつくって、自宅で気軽に食べることができたらいいのになぁ~。

実はこれ、すべてこの記事を書いている筆者が思っていたこと。

これらの疑問に答えます。

本記事を読めばわかること
  • 酸(レモン汁)を加えずにつくるリコッタチーズのレシピ
    写真入りで丁寧に解説します
  • 自家製ならではのおいしいリコッタチーズの食べ方
  • リコッタチーズをつくったあとに残る副産物の活用法
  • そもそもリコッタチーズってどんなチーズ?

自家製チーズは添加物が加えられていないという面でも安心♪
自分でつくって、できたてホヤホヤの味をぜひ味わってみてください。

この記事を書いた人
みえった

伊・食・旅をテーマに発信しています

  • イタリアの複数機関でオリーブオイルの勉強をし資格を取得
  • フードバランスアドバイザー
  • ベジフルビューティーアドバイザー
  • はちみつマイスター など食の資格を保有
  • 国際線CAとして日系航空会社に20年以上勤務の経験あり

詳しいプロフィールはこちら

タップできる目次

【レシピ】リコッタチーズのつくり方|こだわりはレモン汁不使用

ヨーグルトのホエーと牛乳でリコッタチーズをつくります。

みえった

これからご紹介するレシピはレモン汁などの酸味を加えないので、本場イタリアさながらのリコッタチーズの味を楽しめますよ。

準備するもの

  • プレーンヨーグルト 2パック
  • 成分無調整の牛乳 およそ400CC(これは目安量 ホエーと同量の牛乳をつかいます)
  • 塩 小指ひとつまみ程

→リコッタチーズ出来上がり目安量は、 約80グラムになります

ペーパータオル

濾す時に使うザルとボールなどの容器

大きめの布巾

温度計(100円ショップのものでOK)

ふわふわリコッタチーズのつくり方

STEP
ヨーグルトを濾す

プレーンヨーグルトをザルの上にかぶせたキッチンペーパーで濾し、そのまま冷蔵庫に入れる。

ペーパータオルの上にはクリーム状のヨーグルトが残り、下に水分(ホエー/乳清)が溜まります。

自家製リコッタチーズづくりにはこの水分・ホエーを使います。

ホエイと牛乳
ホエーと牛乳 *写真のホエーはヨーグルト2パック分
STEP
ホエーに牛乳をくわえる

①のホエーを計量して、ホエーと同僚の牛乳を①のホエーに加えます。さらに味を調えるための塩を小指ひとつまみ加えます。

STEP
火にかける

②を鍋に入れて火にかけます。牛乳のタンパク質が凝固してきたら少し火を弱め(中火~弱火)、さらに10分から15分加熱します。

みえった

この時80℃~90℃の温度を保ち、沸騰しないように気を付けます。

てづくりリコッタ

そろそろ牛乳の分離が終わったかな?と思ったら火を止めます。

STEP
布巾で濾す

ボウルなどの容器にザルと布巾をのせ、そこに③を注ぎ、濾します。

手づくりリコッタチーズ
みえった

温まったミルクの香りがふわっとしますよ♪

STEP
完成!

水切りを終えたら完成です。

自家製リコッタチーズ

これでリコッタチーズの完成です!

軽く5分から10分ほど水切りし、まずは出来たてホヤホヤの味を味見してみてください。

みえった

ミルキーな味が口の中に広がります。

もしリコッタチーズをお料理に使いたいときは、水切りの時間を少し長めにした方がいいです。

みえった

好みの固さに調整してくださいね。

▶「リコッタチーズについて、ちゃんと知っておきたい」という人は リコッタチーズに関するQ&A もご覧ください。

リコッタチーズを濾すときに使う布巾について

中川政七商店の花ふきん

リコッタチーズを濾すときの布巾には、中川政七商店の【花ふきん】を使っています。

2枚重ねで縫い合わせた蚊帳生地が、チーズを漉すのにちょうどいい目の粗さなんです。

使用後にはサッと水ですすいで干しておくだけで、すぐに乾くところもお気に入り。そのうえ58cm×58cmと大判サイズなので、軽く絞りたい時にも余裕があり使いやすいのも◎

おすすめなので、ショッピングリンクを貼っておきます。

みえった

蚊帳生地は奈良の特産品。
「花ふきん」は、海外の友人にも奈良土産として渡すと喜ばれています。

自家製リコッタチーズの味わい方

リコッタチーズ

おうちでつくったリコッタチーズ。つくりたてならではの味わいを楽しめる食べ方をご紹介します。

【わが家のおすすめ】自家製リコッタチーズの食べ方

  • つくりたてホヤホヤのリコッタチーズをそのままで味見 
    超オススメ!
  • リストリコッタチーズにハチミツ/メープルシロップ/ジャムなどをかけて食べる
  • リコッタチーズとジャムをパンに塗って食べる など

どれもシンプルな食べ方だね。

みえった

特に出来たてホヤホヤの味見は手作りの醍醐味です。

もうひとつ、ちょっと変わった食べ方もご紹介。

秋田名物の珍味いぶりがっこ(燻りがっこ)にリコッタチーズをのせてみたら家族に大好評でした。

リコッタと燻りがっこ
いぶりがっこのリコッタチーズのせ
みえった

ちまちまと食べてしまいます。
お酒の肴にも最高!

前菜やおつまみに、つくってみられてはいかがでしょうか。

リコッタチーズ作成過程でできた副産物・残り汁の活用法

リコッタチーズを手づくりすると、副産物が残ります。

みえった

栄養分が多く含まれているので捨てないで利用しましょう!

副産物活用法その1|残った濃厚ヨーグルト

ヨーグルトクリーム
プレーンヨーグルトを濾した時に残るクリーム状の濃厚ヨーグルト

まずはヨーグルトの水分を濾すと残るのが、濃厚ヨーグルト。

これも好きで・・・わたしのチーズづくりの裏目的となっています。

みえった

ギリシャヨーグルトの味わいに似ています。
濃厚な分、栄養価も高いんですよー。

こんな食べ方ができます
  • サラダに加える
  • 生クリーム代わりにつかう
  • ギリシャヨーグルトやフロマージュ・フランとして
  • 牛乳で割ってラッシーをつくる

なかでもイチオシは、濃厚ヨーグルトでつくるラッシー

濃厚ヨーグルトに牛乳を入れてよく撹拌し、ハチミツやメープルシロップで甘みを加えたら出来上がり。

このままでもおいしいラッシーですが、レモン果汁を少し加えるとさわやかな味になります。お好みで♪

▼ 濾した濃厚ヨーグルトを利用したサラダも紹介してます。

副産物活用法その2| 搾ったあとの残り汁

ホエイと牛乳

リコッタチーズを搾ったあとに残った水分も捨てないで利用します。

味見をすると、かすかな甘味や酸味が感じられるこの水分。お料理などに入れて、使い切ります。

残り汁は、こんなところに入れてます

  • お味噌汁
  • スープ
  • グリーンスムージー
  • ホットケーキ など
みえった

お味噌汁やスープは、味に深みが出ます。

余談ですが、この水分に再度牛乳を加えて加熱したら、もしかしたらまたリコッタチーズができるかも?と試みたことがあります。

でもさすがに再々利用の残り汁では牛乳は分離せず、残念ながらチーズはできませんでした。

みえった

バターミルクのようなこってりとした液体になりました。

【知っておきたい】リコッタチーズに関するQ&A

リコッタチーズ

ところで、そもそもリコッタリーズってどんなチーズなのかな?

そもそもリコッタチーズとは?

口どけのよいミルクの風味が特徴のイタリア発祥フレッシュチーズです。

そのまま食べてもおいしく、またお料理やデザート作りの材料としてもよく使われています。

チーズのなかでは乳脂肪分が少なく、あっさりとヘルシーなので、チーズが苦手だという人にも人気があります。

リコッタチーズの名前の意味は?

チーズの名前にあるリコッタ(ricotta)とは、イタリア語で「リ=再び」「コッタ=煮ること」

つまり再び煮るという意味を持っています。

作り方もその名のとおり、チーズを凝固させる過程で出た液体(ホエー)を再加熱してつくられたチーズがリコッタチーズです。

本場イタリアでのリコッタチーズの作り方は?

イタリアで作られている本格的なリコッタチーズの作り方をわかりやすく解説すると、

  1. チーズ作りの過程で出た液体ホエーを再度加熱して温める
  2. 再加熱したホエーに、たんぱく質の凝固物が浮かんでくる
  3. この凝固物をザルに入れて濾して固める

こうしてつくられるのが、リコッタチーズなんです。

チーズ作り
イタリアのチーズ工房見学にて

イタリアで見学したチーズ作りの現場では、ホエーに少量のミルクを足してたんぱく質を増やしてから再加熱していました。

本記事で紹介した「お家でできるリコッタチーズ」のレシピでも、ホエーに同量のミルクを足して加熱しています。

イタリアのリコッタチーズと、よく似たつくり方だったんだー。

本場イタリア直輸入のリコッタチーズも味わいたい人へ

自家製リコッタチーズの味わい方 へもどる

手作りリコッタは出来たてホヤホヤを食べたい|まとめ

自家製リコッタチーズ

以前イタリアに住んでいた頃は冷蔵庫に常備していたリコッタチーズ。

日本に帰国してからは、輸入品でフレッシュチーズということもあり、価格的にいつでも買えるというわけにはいかなくなりました。

だったら自分でつくってしまおう

と思ったのがきっかけで、自家製リコッタチーズを作るようになったんです。

みえった

おかげでつくりたてホヤホヤのおいしさを知ることができました。

レシピはシンプル、ぜひ作ってみてくださいね!

>> リコッタリーズの作り方をもう一度みる ↑

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>> イタリアのチーズ工房のある宿にステイする旅も別記事で書いています♪


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次