旅の愛用品やイタリア雑貨を紹介しています▶ MY楽天ROOM

イタリアの夏のお弁当食?クスクスとクスクスサラダ【レシピあり】

クスクスとイタリア

暑くて食が進まない・・・

ごはんを作るのが面倒・・・手軽に作ることができて、滋養のある夏向けのお料理ってないかしら?

という時のワンプレートランチにピッタリなのが、クスクスサラダ。

クスクスサラダ

本記事では、火をほとんど使わずパパッと作ることができるクスクスサラダの作り方を紹介します。

みえった

びっくりするほど簡単にできるので、あなたも作ってみませんか♪

この記事を読むとわかること

クスクスサラダの基本のレシピと食べ方いろいろ
 ~イタリア在住者のコメントもあります~

【南イタリア・シチリア島】本場で食べる伝統的クスクス料理

そもそもクスクスとは?

クスクスで作るサラダは、あっさりヘルシーで滋味深い味わいがクセになる、夏らしい一品です。

ぜひ最後までご覧いただけると嬉しいです!

ジャンプできる目次

簡単!早い!クスクスサラダ【レシピ】

欧州諸国などでは、スーパーの総菜コーナーで見かけることも多いクスクスサラダ。

イタリアの家庭では、食欲が落ちる夏のお助けメニューとして人気です。

みえった

調理時間は15分以内。
さっそく作っていきましょう!

クスクスサラダの材料(3・4人分)
  • インスタントのクスクス 100g
  • 塩 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • キュウリ 2・3本 
  • 赤玉ねぎ 1/2個
  • ミニトマト 5個ぐらい
  • モッツァレラチーズ 1個

野菜の大きさにより分量が変わるので、作りながら微調整してください。

クスクスはお湯で戻すと膨らんで量が増えます
作る時には大きめの容器(ボールなど)を使うことをおすすめします。

STEP

インスタントのクスクスを容器に入れ、塩を加えてスプーンで混ぜる。オリーブオイルも加え、軽くなじませる。
インスタントのクスクス
インスタントのクスクス(100g)

オリーブオイルを加えるのは、主に下記のふたつの目的から・・・。

  • オイルでコーティングし、クスクスをパラパラにするため
  • 味にコクを加えるため

なお今回のレシピで使う野菜は生野菜ばかりなので、たっぷりめのオリーブオイルを加えました。

こうすることで、味がよくまとまります。

>> オリーブオイル選びに失敗しない2つのヒント

STEP
①のクスクスに熱湯200gを注ぎ、ラップでフタをしてしばらく置く。

お湯を注いでから5分くらい経つと、水分を吸ってクスクスが膨らんできます。

クスクスの汁気がなくなったら、スプーンで軽く混ぜてください。

戻してやわらかくなったクスクス
お湯で戻したクスクス(50g)
STEP
クスクスをふやかしている間に、野菜をカットする

キュウリはスライサーで薄くスライスし、塩を少々ふって5分ほどしたら搾って水分を出します。

赤玉ねぎも薄くスライス。ミニトマトは、1/4もしくは半分にカットします。

スライスしたキュウリはギュッときつく搾って、水分をよく出しておくのがポイントです。

STEP
モッツァレラチーズを、さいの目切りにカットする。
STEP
カットした野菜類③とモッツァレラチーズ④を、②のクスクスの容器に加える。

クスクスと、すべての具を、スプーンでよく混ぜ合わせてください。

STEP
味見をして、塩コショウで味を調えたらできあがり!
クスクスサラダ

材料をカットしてクスクスと混ぜるだけ!
簡単スピード料理だね。

みえった

ありあわせの野菜を、何でも入れることができます。
時間のないときでもパパっと作れるので助かってるよ!

材料として使うクスクスはこちらから購入できます

みえった

イタリアの老舗パスタメーカー製品のクスクスです。
気軽にネットで購入できるので助かります!

塩の代わりに、粉末の野菜ブロードを使うこともあります♪

なお、本記事で紹介したクスクスサラダのレシピは、少し多めの分量にしています。

というのも、わたしはいつも多めに作っておき、すぐに食べない分はタッパーに入れて冷蔵庫内で寝かすようにしているからです。

作ってから時間をおくと味が馴染んで美味しくなります。こちらもぜひお試しくださいね。

みえった

作り置きしたクスクスサラダは、常温ででも、冷やしてでも、どちらもおすすめです!

そもそもクスクスとは?【食の豆知識】

レシピではインスタントのクスクスを使ったけど、インスタント以外のクスクスもあるのかな?

本来のクスクスの作り方を簡潔に説明すると・・・

伝統的クスクスの作り方
  1. 水で湿らせたセモリナ粉を両手を使ってよく混ぜ、極小の粒状にします。
  2. ここにオリーブオイルや塩コショウ・スパイス等を混ぜ込み、馴染ませるため時間を置き寝かします。
  3. これを1時間以上かけてじっくり蒸してクスクスが作られます。
みえった

クスクスは、ファーストフードではなくスローフードなんですよ!

でも今では、お湯を注ぐだけでできる、インスタントのクスクスを使って調理するのが主流となっています。

ところでクスクスって、栄養的にはどうなのかな?

気になるクスクスの栄養価

クスクスはビタミンB群やビタミンAが豊富なので、疲労回復やアンチエイジング効果が期待できます。

パスタやお米よりカロリーが少ないため、海外では食事療法にも使われることが多い食材です。

パパッと作ることができる上に、必要な栄養素も取れるだなんて神だね!

みえった

ベジタリアンやビーガンの人たちにも人気のサラダだよ。

【イタリアとクスクスサラダ】海でのお弁当としても人気

タッパーに入れたクスクスサラダ
みえった

クスクスサラダといえば、イタリアでの夏の海水浴ランチを思い出す筆者です。

イタリアの海の町に住んでいたころの、夏の思い出。

タッパーに詰めたクスクスサラダをクーラーボックスに入れて、夏の海水浴へよく持って行きました。

炎天下で食べるお弁当用として作ったクスクスサラダ

さいの目切りしたズッキーニや茄子などの夏野菜をガーリックソテーにして、お湯で戻したクスクスに和えました。

味のアクセントとしてスライスしたオリーブのピクルスもプラス。戻して柔らかくしたドライトマトケッパーを加えても◎です。

食べる前にはレモンを上からギューッと搾って「いただきます」

火を入れてないカット野菜は水分が出て傷みやすいので、海水浴ランチの具材には炒めた野菜を使います。

【イタリア在住のみなさん】クスクスサラダへの反応まとめ

ところで♪ クスクスサラダを作ってSNSに投稿したら、たくさんのコメントをいただきました。

みえった

コメントを下さった方、ありがとうございます♪

中でもイタリアにお住まいの方からの反応が実に興味深かったので、一部紹介しますね。

まずは北イタリアのヴェネト州にお住いのAさんのコメントから。

日本人のAさん

私も一時クスクスにハマってたことがあって、やっぱり夏だったんだけど、翌日がもっと美味しいんですよね
すっかりクスクスの存在を忘れてたので、また作ります。

やはり翌日がもっと美味しいクスクスサラダ!

味と手軽さにハマってしまったお気持ち、よくわかります。

2人目は、中部イタリア・トスカーナ州にお住いのTさん。

日本人のTさん

クスクスサラダおいしいですね。
クスクスサラダとパンツァネッラは半日おいて作り置きした方が美味しいの同感です

ちなみにパンツァネッラとはトスカーナ地方の夏のお料理で、固くなってしまった古いパンを捨てずに利用して作る「パンのサラダ」のこと。

パンツァネッラもクスクスサラダと同様、海へ行くときによく持参するお弁当のひとつです。

半日おいて作り置きした方が美味しい・・・ですよね!

ラストは、同じくトスカーナ州在住でイタリア人のPさん。

日本ツウのPさんは、日本風にアレンジしたクスクス料理のアイデアを教えてくれました。

イタリア人のPさん

ふだんは忙しくて時間がないから、調理に時間のかかるご飯の代用食品としてクスクスを使っているよ
例えば丼風にしたりとか。

イタリア人のPさん

そうそう、クスクスに米酢をちょこっと垂らすとパーフェクトだよ。試してみてね♪

クスクスに隠し味として米酢を入れるとは斬新ですね!今度わたしもやってみたいと思います。

クスクスサラダ

クスクスサラダ、ボクも作ってみたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次