元国際線CAがイタリア旅行にも持っていく美活アイテム2選 >>

バールで注文してみよう!観光客があまり知らないイタリアのコーヒー3選

イタリアのカプチーノ
みえった

30年以上にもわたりイタリアへ通い続けている筆者みえったです。

イタリアのコーヒーといえば、エスプレッソやカプチーノ・カフェラテなどが知られています。

実はこれらの他にも、イタリアではよく飲まれているけど日本人観光客にはあまり知られていないコーヒーが沢山あります。

本記事では、日本ではあまり知られていないイタリアのコーヒーを厳選して3つ紹介します。

本記事はこんなあなたにおすすめ
  • イタリアのバールやコーヒーが好き
  • イタリアのコーヒーといえば、エスプレッソとカプチーノとカフェラテしか思い浮かばない
  • イタリアのバールにはメニューがないので、いつも同じ飲みものばかり注文していた

カフェのことをイタリアではバール(Bar)といいます。

この記事をよめば、次回のイタリアではバールでいろんなコーヒーを愉しんでみたくなるはず

海外旅行新しいモノ好きさんも、ぜひ最後までご覧いただけると嬉しいです♪

みえった

コーヒー文化が発達しているイタリアで、飲んでみたいコーヒーをみつけてくださいね!

タップできる目次

マロッキーノ(Caffè Marocchino)

秋冬にイタリアに行くと、いつも飲みたくなるのがマロッキーノ・コーヒー

みえった

北イタリア発祥のコーヒーなんですよ。

マロッキーノ
マロッキーノ・イタリアのバールにて

わぁー!なんだかオシャレ!!

こんな時にオススメします
  • 冬の寒空の下でココロもカラダも縮こまってしまいそうな日に。
  • インスタ映えするオシャレなドリンクを頼みたいときに。
  • バールでイタリア発祥のめずらしいドリンクを飲んでみたいときに。

マロッキーノコーヒーのベースは、グラスに注がれたエスプレッソコーヒー

クリーム状のミルクとチョコレートがこんもりデコレーションされ、ココアパウダーがかかっています。

筆者は昔からチョコレートが大の苦手。イタリアの友人が嬉しそうにチョコレートがかかったマロッキーノを頼んでいるのを横目に、いつも他のものを注文していました。

みえった

今でもチョコが苦手で、ホットココアやホットチョコレートは飲めみません。

ところがある日、友人のマロッキーノをちょっと味見させてもらい・・・

みえった

あれ?これは好きかも♪

味見をしてみたら想像していたほどチョコレートが主張している感じはありませんでした。

いつのまにかマロッキーノは冬の定番の飲み物に。

おしゃれな大人のカフェラッテのようなドリンクです。

みえった

イタリア女子にも人気なんですよ!

ほっこりできるおいしさと、もうひとつ、マロッキーノを頼むときにいつも楽しみにしていることがあります。

それはお店によって違う、アーティスティックな外観

マロッキーノコーヒー
イタリアのバールでマロッキーノ

わ!このマロッキーノコーヒーも美しいね!

みえった

美的センスや個性をたいせつにするイタリアならでは。

北風が吹く極寒の日で、暖をとりにバールに入ってきた人が注文を待つ列をつくるほどに込み合っていたのを憶えています。

カウンターの立ち席でバリスタ(飲み物をつくってくれる人)の仕事ぶりを見ていたんですが、超忙しいなか手際よくカフェアートの腕を披露していました。

ブラボー!!

ホットドリンクのマロッキーノは、グラスも熱々なんです。

みえった

猫舌で猫手なので、冷めるまで少しづつ、ラッテアートのハートをスプーンで崩しながら飲みました。

目で楽しんで、飲んでおいしく温まる・・・

寒い季節にイタリアでバールに立ち寄ったら、マロッキーノをぜひ飲んでみてくださいね。

クレーマ・ディ・カッフェ(Crema di caffè)

私の中では、冬にマロッキーノなら、夏にはクレーマ・ディ・カッフェ

クレーマ・ディ・カッフェ
クレーマ・ディ・カッフェ・バールのオープンエアのテーブル席で
こんな時にオススメします
  • 暑い夏、バールで冷たいコーヒードリンクを飲みたいけどオーダーに迷った時に。
  • ジェラートを食べたいけど近くにジェラテリア(ジェラート屋さん)がないときに。
  • 夏バテで食欲ないけど、ちょっと気分を上げたい時に。

クレーマ・ディ・カッフェは、ミルクコーヒーをクリーム状にシェイクした冷たいドリンク

なめらかでクリーミーなところが、コーヒー味のジェラートが少し溶けた時のよう。でもこれは溶けてはいなくて、半解凍のシェイクなのです。

これは夏にピッタリの飲み物!

みえった

イタリアの夏の楽しみのひとつとなっています。

冷えたグラスに入れられ、スプーンを添えて出されます。

カカオパウダーがかかったクレーマ・ディ・カッフェ

このドリンクも、やはりバールごとに個性が光ります。

ここのお店のクレーマ・ディ・カッフェは、横からみると2層になっていました。

2層になったクレーマ・ディ・カッフェ

バールごとに変化があるだなんて、個性を大切にするお国らしいなぁ。

他にもある!バールで注文できる冷たいドリンク【シェケラート・グラニータ】

ところで。

クレーマ・ディ・カッフェ以外にも、イタリアのバールで飲むことができる冷たいドリンクがあるのをご存じでしょうか。

例えば・・・

シェケラート(Shakerato)

ビールのように泡のたったアイスコーヒー。

アイスキューブと一緒にシェイクされ、カクテルグラスに入れられて出てきます。ちょっとオシャレ。

グラニータ(Granita)

イタリア版かき氷。こちらはコーヒー味以外にもいろんなフレーバーが楽しめます。

猛暑の日は、ノドを潤してくれるグラニータがオススメ。

どちらも飲んでみたい!

本記事では筆者の独断と偏見で、シェイクのような冷たいクレーマ・ディ・カッフェを取り上げました。

もし機会があれば、冷たいシェケラートグラニータも、ぜひバールで飲んでみてくださいね。

オルツォコーヒー(Caffè d’orzo)

さいごに紹介するのは、イタリアでオルツォと呼ばれている大麦のコーヒー

イタリアの大麦コーヒー
見た目は普通のコーヒーのような大麦コーヒーのカプチーノ
みえった

オルツォは、イタリアではポピュラーな飲み物なんですよ。

こんな時にオススメします
  • コーヒーを飲みたいけれど、カフェインを取りたくないとき。
  • コーヒーと同じように飲めて、もっと体にいいドリンクが欲しいとき。
  • コーヒーを一日に何杯も飲んだので控えたいけど、やっぱりコーヒーが飲みたいと思うとき。

意外に思うかもしれませんが、「カフェインの入ったコーヒーは飲まない」というイタリア人がたまにいます。

そういう人たちの多くは、このオルツォコーヒーを愛飲しています。

バールで注文するときはもちろんのこと、常備していて自宅でもコーヒーの代替品として飲んでるのです。

みえった

イタリア人のお宅へお邪魔した時に「コーヒーにする?それともオルツォ?」と尋ねられたこともありました。

コーヒー豆を使用してないオルツォなのですが、私的には飲んでいて物足りなさは感じません。

むしろクセになりそうな香ばしい風味が気に入っていて、時々飲んでいます。

みえった

その時の気分によって、バールでの注文時にコーヒーにしたりオルツォにしたりしています。

イタリアのバールでは、いろんなオルツォコーヒーを注文することもできます

例えば・・・

  • エスプレッソ風オルツォコーヒー
  • カフェ・マッキヤート風オルツォコーヒー
  • カプチーノ風オルツォコーヒー

バリエーションがコーヒー並みだね!

原料が大麦なので、やはり本当のコーヒーとは少し違いますが、

味には妥協しないイタリア人が認めるカフェインレスコーヒー・オルツォ

もし機会があれば、イタリアのバールで飲んでみてはいかがでしょうか。

   \オルツォはネットも購入できます

みえった

妊娠中の女性にも安心のドリンクです ♪

まとめ|その時の気分によって飲み物を選ぶのがおすすめ!

さいごに、本記事で紹介したコーヒーのおさらいをします。

日本人観光客にはあまり知られていないイタリアのコーヒー3選

プラスおまけのドリンク2選 暑い夏にバールで注文したい!

  • シェケラート(Shakerato)
  • グラニータ(Granita)

青い文字をタップすると、まだ戻って読むことができます。↑

みえった

気になるコーヒーがありましたか?

これらのコーヒーは、イタリア中のどの地域でも飲むことができるものばかり。

バールの定番ドリンクに飽きたときには、この記事を思い出し、注文してみてくださいね。

イタリアで飲んだカプチーノ
バールでのひととき

日本で近い将来大ブームとなるドリンクがこの中にあるかも・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次