旅の愛用品やイタリア雑貨を紹介しています▶ MY楽天ROOM

【ある家族の会話】あの人気作家も影響を受けた海外小説【ネタバレなし感想】

海外の小説と聞くと敷居が高いと思っていませんか?

みえった

実はわたしがそう思っていました。
でも最近は考えをあらため、海外の人気小説から少しづつ読んでいるんですよ。

今回は、最近読んだ本の中から、イタリアの小説【ある家族の会話】を取り上げます。

そういえば、人気作家の江國香織さんが「若いころにこの【ある家族の会話】を読み、とても影響を受けた」と、いろんな媒体で話されていたのを読んだことがあります。

なんだか興味がわいてきた!

当記事では【ある家族の会話】を読んでの感想を、よかったと思う理由を3つ挙げて、わかりやすく紹介します。

このような方にオススメの内容です
  • 20世紀前半・激動の時代に実在していた家族の物語を読みたい
  • イタリア人女流作家ギンズブルグの作品を読み良本だったので、他の作品も読みたい
  • 須賀敦子さんがつづる文章が好き
  • イタリア語を勉強している(中級者~) 
    【イタリア語学習者向け】にジャンプ
みえった

ストーリーのネタバレはほとんど書きませんでした。
ですのでこれから本を読む方にも、ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

ジャンプできる目次

イタリア小説「ある家族の会話」へのいざな

\イタリアでは知らない人はいないほど有名な小説です/

著者はイタリア人女流作家ナタリア・ギンズブルグ(1916~1991)

翻訳されたのは須賀敦子さん(1929~1998)

英語版は「Family Sayings」。イタリア語原書は「Lessico Famigliare」というタイトル名がつけられています。

読了してみて、特によかったと思ったポイントは3つ。

  1. 小説でありながらすべてノンフィクション
    【100年前に実在していた人たちが物語の登場人物】
  2. 時と距離を越えて感じる不思議な共感
    【生きている時代や国が違うことを忘れてしまいそうになる】
  3. 須賀敦子さんの翻訳が素晴らしい
みえった

詳しく説明しますね。

よかったポイント①|小説でありながらすべてノンフィクションの物語

「ある家族の会話」は小説でありながら、著者ナタリア・ギンズブルグの家族の回顧録でもあります。

つまり小説の中に描かれている個性豊かな家族や周囲の人々は、すべて実在していた人物なのです。

中にはウィキペディアに出てくるような人物・・・著名な実業家や画家・思想家もナタリアの家族と深い交流があり、たびたび登場します。

歴史上の人物の普段の姿も垣間見えて、別の観点からも興味深い小説です。

みえった

しかも登場人物は、すべて実名で書かれています。

まえがきでナタリアは、こう記しています。

この本にでてくる場所、出来事、人物はすべて現実に存在したものである。

架空のものはまったくない。(中略)また私は自分が憶えていたことだけしか書かなかった。

『ある家族の会話』まえがきより

その言葉の通り、人物の描写にも、憶えてないことは憶えていないと潔く書かれています。

みえった

たしかに幼い日の記憶は、時に断片的だったりしますね。

よかったポイント②|時と距離を越えて感じる共感

舞台は1920年代から1950年頃にかけての北イタリア。

著者の幼少の頃の記憶から物語は始まります。

激動の時代に生きた家族の会話身の回りの出来事が、末娘ナタリア(著者)の目線で淡々と綴られていきます。

この小説にはナタリアの両親や兄弟たちの話す会話の中に【口癖】が何度も出てくることに、読み進めていくと気づきます。

みえった

父親の口癖「新星出現!」がたまに出ると《わ、出たーっ》とクスッと笑ってしまうことも。

「なんというロバだ!」と言っては、なにかと家族の行動にケチをつける気難しい性格の父親。

しかし本当は常に子供たちのことを案じていて、何かあれば母親と一緒にどこへでもかけつける……。

普段は怒鳴ってばかりいて家族から煙たがられている父親の、心の奥底にある家族への愛情が、読み進むほどに光っていました。

みえった

父親って、いつの時代もいとおしい存在だったのですね。

一方ナタリアの母親は、どんな状況下においても基本無邪気で明るい。

両親の会話のやりとりを読んでいると、まるでホームドラマを観ているかのような気持ちになってきます。

みえった

どこにでもいそうな頑固オヤジと、明るくかわす母親。
ほのぼのしますよー。

小説では、ナタリアの記憶の中にいる親戚・家族と縁があった友人や使用人たちも大勢登場します。

彼らもまた、ひとりひとりが実に個性豊かで愛すべき人たち。

みえった

登場人物が多いので、人物相関図を書きながらじっくり読むことをおすすめします。

さて家族が言っていた口癖の話に戻り・・・。

この口癖には家族間にしか解らない隠語的なニュアンスをも含んでいたことを小説の中で書かれています。

やがて時は流れ、兄弟たちは皆大人になり、それぞれ結婚をし、バラバラに暮らすように。

戦争で辛かった時代をも経て・・・

両親は老い、親しかった人が亡くなり・・・

長い年月とともにいろんなことが変わってしまっても、家族間での会話は不変でした。

ナタリアが幼少時代にいつも聞いていたあの言葉。言い回し。

物語の終盤で家族が話す変わらない口癖に、わたしは懐かしさと安堵感を覚えずにはいられませんでした。

会話を通してみえてくる『ある家族の長い物語』に、不思議な共感と親しみがわいてきます。

みえった

もう少し年齢を重ねたときにまた読み返したいと思う、たいせつな一冊です。

よかったポイント③|須賀敦子さんの翻訳が素晴らしい

実は.. この小説「ある家族の会話」の読もうと思った直接のきっかけは、須賀敦子さんの翻訳本だと知ったからでした。

ここであらためて説明するまでもないのですが、須賀敦子さんは翻訳家以外にもいろいろな顔をもっておられた方。

遅咲きの作家としても知られていて。

61歳の時に文壇デビューされ、処女作「ミラノ 霧の風景」では、講談社エッセイ賞と女流文学賞というふたつの賞を受けられました。

須賀さんは、あとがきにこんなことを書いています。

初めてこの作品を読んだときから、私はこれを日本語に訳したいと思い続けた。

-「ある家族の会話」あとがきより

須賀さんの思いが叶ったのは、「初めてこの作品を読んだとき」から、実に16年もの長い年月を経てのこと

江國香織さんがこの小説から影響を受けたように、須賀敦子さんにとっても ”物書きとして” たいせつな作品であったようです

なお、あとがきでは【物語の時代背景】や【著者ナタリア・ギンズブルグ】についても、須賀さんの言葉で解説されています。

ですので、あとがきを先に読んでから小説を読み始めるのも、わかりやすくておすすめです。

みえった

小説の冒頭からとっつきやすくなりますよ!

読了後にイタリアへ旅するなら【小説ゆかりの場所へ】

この自伝的小説「ある家族の会話」は、北イタリアの都市トリノが舞台の小説。もちろんナタリア一家が住んでいた地名や当時の様子なども具体的に描写されています。

本を読み終えたあとにもし北イタリアへ行く機会があれば、ちょっとトリノまで足をのばしてみられてはいかがでしょうか。

トリノ
小説の舞台となったトリノの街

ナタリア一家の足跡を辿りながら街歩き・・・こういう旅も素敵です。

みえった

読んから日が浅いのでわたしはまだ行けてませんが、本を片手にいつかトリノを歩こうと思っています。

【イタリア語学習者向け】原文で読む「ある家族の会話」

もしあなたがイタリア語を学習されているなら、ナタリアが書いた原書「LESSICO FAMIGLIARE」も一緒に読んでみられることを強くおすすめします。

わたしは、須賀敦子さんが翻訳された日本語版「ある家族の会話」の文章が好きです。

しかしながら読み進めていくうち、小説の登場人物が実際どんなイタリア語の言葉で会話をしていたのか?知りたい好奇心が膨らみました。

父親や兄姉たちが、事あるごとに口にしていた口癖の数々・・・

ナタリアの母親がよく言っていたあの言葉この言葉・・・

みえった

ちなみに父親の口癖「新星出現!」
原書では「nuovo astro che sorge!」と言っていましたよ。

原語で読むと、言葉の持つニュアンスから、登場人物たちがまるで目の前にいるような気分にさえなってきます。

と同時に、

須賀敦子さんの翻訳がいかに素晴らしいものかも理解できました

辞書を片手に知らない単語をひとつひとつ調べながら読み進めるのは、やはり時間がかかります。

日本語版で「ある家族の会話」を先に読んでおけば、あらすじがわかっているのでイタリア語でも頭に入ってきやすいでしょう。

  • 日本語訳と交互に読んでいく
  • 日本語訳版をさいごまで読み終えてから原書を読む

など、自分に合った方法で読んでみるといいかと思います。

TOPへ戻る▲

まとめ

さいごに。

当記事でご紹介した本【ある家族の会話】をひとことでまとめてみますね。

時代にほんろうされながら激動の時代を生きた、ある家族の日常や会話を淡々とつづった物語・・・でした。

事実は小説より奇なり。

登場人物がなにげなく発した言葉の中には、時折心に響くものもありました

みえった

このレビューを読んでなにかを感じられた方は、ぜひ読んでみるられることをおすすめします

読み終えてからじわじわと心に響く名作です

それでは今回はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップ
ジャンプできる目次
閉じる