海外旅行保険どうしてる?無料で安心を手に入れたい人必読 >>

【2023年最新】ETIAS エティアス申請をくわしく解説【イタリア渡航が変わる】

ETIASとは

ヨーロッパへの渡航が変わります!

ビザなしでヨーロッパへ渡航する際には、ETIAS(エティアス)の申請が必須となる予定です。

みえった

イタリアへ行くほとんどの日本人旅行者も、ETIAS(エティアス)が必要になるよ!

そこで、ヨーロッパ入国のための新制度 ETIAS(エティアス)について、くわしく調べてまとめました。

この記事でわかること
  • 渡航時に ETIAS(エティアス)が 必要な国はどこ?いつから導入される?
  • ETIAS(エティアス)の申請が必要な 対象者は?
  • ETIAS(エティアス)の 申請方法と、承認までの時間
  • ETIAS(エティアス)に関するよくある疑問と回答(注意点も解説)

2023年5月時点でわかっている情報です

ヨーロッパ旅行の出発日直前になって慌てないためにも、今から ETIAS(エティアス)のことをしっかり理解しておきましょう!

記事を書いたのは
みえった

みえったです。
「伊・食・旅」をテーマに情報発信しています。

  • 乗務歴20年の元国際線CA
  • プライベートでも海外ひとり旅が趣味
  • 渡伊した回数が100回超えのイタリアフリーク

詳しいプロフィールはこちら

▼ 下の「タップできる目次」から、読みたい項目へジャンプできます

タップできる目次

ETIAS(エティアス)とは?いつから導入されるの?

ETIAS(エティアス)とは、2024年から導入予定※の「事前渡航認証システム」です。

正式名称は「European Travel Information and Authorisation System」。

ETIAS(エティアス)申請時に提出した個人情報は、欧州警察機構(ユーロポール)などによって厳格に照合され慎重な審査が行われます。

ヨーロッパへの入国を希望する国外の申請者を事前に審査し、安全でふさわしい人物か否かを判断するのが ETIAS(エティアス)なのです。

みえった

アメリカですでに運用されているESTA(エスタ)と同じだね。

※現時点でのETIAS(エティアス)導入開始予定は2024年ですが、まだ決定ではないので今後変更される可能性があります

もし変更があれば、わかり次第アップデートします。(2023年5月 )

ETIAS(エティアス)が導入されるメリットは?

ETIAS(エティアス)の導入は、私たち渡航者にもメリットがあります。

たとえば

  • 外国人テロ犯罪を未然に防ぐ効果により、渡航国の治安向上につながる
  • ヨーロッパ諸国入国時の審査が簡易化される など…
みえった

ヨーロッパがもっと身近になるよ

目次へもどる

ETIAS(エティアス)の対象者は?

日本国パスポートを所持している場合、ビザを取得せずにヨーロッパへ90日以内の渡航をする人すべてがETIAS(エティアス)申請の対象者となります。

なお渡航目的は、以下のどれかに限定されています。

  • 一般的な観光
  • 現地での就労を伴わない短期ビジネス
  • 目的へ向かうための乗り継ぎ(トランジット)
みえった

これからは、ほぼすべての日本人旅行者は、ヨーロッパに渡航する際にはエティアスが必要になるね!

ETIAS(エティアス)が必要な国は?【EU27ヶ国が申請対象国】

2024年(※予定)の運用開始以降、ビザなし渡航でETIAS(エティアス)の申請が必要となる国は、以下の27ヶ国です。

アイスランド・エストニア・クロアチア・スロバキア・チェコ・ノルウェー・フィンランド・ポーランド・リトアニア・イタリア・オーストリア・スイス・スウェーデン・デンマーク・ハンガリー・ベルギー・マルタ・リヒテンシュタイン・オランダ・ギリシャ・スペイン・スロベニア・ドイツ・フランス・ポルトガル・ラトビア・ルクセンブルグ

  • サンマリノ・モナコ・バチカン・アンドラへ入国する際も ETIAS(エティアス)申請が必要です。
    上の4ヶ国においては、ETIAS(エティアス)対象国からの入国が条件となる予定。
  • シェンゲン協定への加盟が予定されているキプロス・ブルガリア・ルーマニアへ渡航する際も、いずれETIAS(エティアス)申請が必要となる見込みです。
  • イギリス・アイルランドへの渡航の際は、ETIAS(エティアス)の申請は必要ありません。

目次へもどる

ETIAS(エティアス)の疑問がクリアになる【Q&A】

Q&A

ETIAS(エティアス)について、よくある質問をまとめました。

エティアスの有効期限は?

エティアスの有効期限は、申請日から原則3年間です。

例)2024年10月5日にエティアスを申請→エティアスの有効期限は2027日10月5日

有効期限内であれば、エティアス対象国へ何度でも渡航可能です。

ただし、パスポートの更新や失効・エティアスの取り消しや無効化などの理由で、3年以内にエティアスが無効となる場合もあります。

パスポートを更新した場合、旧パスポートのエティアスはどうなりますか?

パスポートを更新したら、新しいパスポートに対応したエティアスを再申請してください。

理由:パスポートを更新するとパスポート番号が変更になり、旧パスポートのエティアスは無効になるからです。

みえった

パスポートの有効期限が近い人は、可能ならパスポート更新後にエティアスを申請するほうがいいね

イタリアに4か月ほど滞在する予定ですが、エティアスは有効ですか?

いいえ。エティアスは 1回の渡航につき 90日以内の短期滞在のみが対象です。

91日以上滞在する場合は、必要なビザ(学生ビザ・就労ビザなど)の申請を行ってください。

みえった

これまでと同じだね

イタリアに住んでいる日本人もエティアス取得は必要ですか?

いいえ。長期滞在許可証や滞在に必要なビザなどを持ちイタリアに住む日本人は、エティアスを取得する義務はありません。

イタリアへ出張する人や客室乗務員も、エティアスの申請が必要ですか?

はい。現地での就労を伴わない短期ビジネスに該当するため、エティアスの取得が必要です。

旅行・短期ビジネス・トランジットなどの目的で90日以内の短期滞在をするすべての日本国籍者は、エティアスが必要になります。

みえった

ビザなしで渡航するときは、エティアスが必要

エティアスの申請に要する時間は?

エティアスの申請にかかる時間は最短で数時間から、審査によっては 最大で4週間かかる場合があるとされています。

渡航が決まったら、余裕をもって申請を済ませておくことをおすすめします。

みえった

とくに運用開始直後は混雑やEU側のシステムトラブルも予想されるから、早めに申請しようね

エティアスを申請して、もし「渡航認証拒否」となった場合は?

審査結果が「渡航認証拒否」となってしまった人は、エティアスを利用してのヨーロッパ渡航は認められません。

渡航を希望する国の大使館・領事館でビザの申請を相談してください。

日本出発時の空港で、もしエティアスを取得してないのがわかったら?

日本出発時にエティアスの渡航認証がないと、飛行機への搭乗を拒否されることが予想されます。

みえった

まだ運用は始まってないけど、近々イタリア旅行を予定している人は要注意だね!

0歳の赤ちゃんでも、エティアスの申請は必要ですか?

はい。年齢に関係なくエティアスの申請・取得が必要です。

なお18歳未満に該当するので、申請費用は無料※となります。

※18歳未満と70歳以上は申請費用が無料になる予定です。

トランジットのケースについて知りたいです。
日本からイギリスへ行く場合で、フランスで乗り継ぎがあるとエティアスの申請は必要ですか?

はい。第三国のイギリスへ向かうため、エティアス対象国であるフランスで乗り継ぐ場合、エティアスの申請が必要です。

なお、乗り継ぎなしでイギリスへ渡航する場合は、エティアスは必要ありません。

イギリスから列車でフランスに行きますが、鉄道での入国の場合もエティアスは必要ですか?

はい、エティアスは必要です。

第三国のイギリスからエティアス対象国のフランスへ行く場合、空路のみでなく旅客船(海路)やバスや鉄道(陸路)での渡航であっても ETIAS(エティアス)は必要です。

目次へもどる

ETIAS(エティアス)の申請方法【必要な手順を解説】

エティアスの申請はオンラインのみ可能です。

パソコンやスマートフォンなどから「専用のウェブサイト」にアクセスし、申請してください。

みえった

まだ運用開始前なので、現時点でわかっている申請手順を説明するよ。

エティアス申請の流れ(予想 )

STEP
エティアスの申請に必要な書類等を準備
  • パスポート(申請日から3ヶ月以上有効なもの)
  • 連絡先の Eメールアドレス
  • 申請費用支払い用 クレジットカード※または Paypalアカウント

※利用できるクレジットカード:VISA / Master Card / JCB / Diners / American Express

申請者名とクレジットカード名義人が異なっていても審査に問題はありません

STEP
オンラインフォームに必要事項を入力し提出する

オンラインフォームに入力する情報は、次のような内容が予想されています。

  • 申請者に関する情報
    氏名や国籍、性別、生年月日、出生地、住所、メールアドレス、緊急連絡先など
  • パスポート情報
    パスポート番号、パスポート発行日や有効期限日など
  • ヨーロッパに滞在する日程に関する情報
    最初に入国する国や滞在期間、滞在先の住所、就労に関することなど
  • 渡欧への適格性について10項目ほどの質問
    犯罪歴や強制送還歴・健康状態・紛争地域への渡航歴、伝染病や疾患など

申請者情報とパスポート情報の入力は、すべて英語(ローマ字)で入力する必要があります。

間違えて登録をしてしまうと再申請が必要となる場合もあるようです。

STEP
エティアス申請費用をオンラインで支払う

必要事項の入力を終えて申請フォームを提出したら、エティアスの申請費用を支払います。

申請費用は7ユーロ。

なお18歳未満と70歳以上は、申請費用が無料となる予定です。

支払い方法は、各種クレジットカードまたは Paypalアカウントでの決済のみとなります。

STEP
審査結果が届く

ETIASが申請内容を審査、承認されると「渡航認証許可※」の通知が Eメールで届きます。

※「渡航認証拒否」の通知が届いた場合はエティアスを利用できません。渡航を希望する国の大使館・領事館でビザの申請を相談してください。

STEP
搭乗便を確定し、ヨーロッパへ出発

ETIAS(エティアス)による渡航認証がおりたら、出発当日までに搭乗する便を確定させます。

「渡航許可通知」として発行されるETIAS(エティアス)番号は渡航から帰国まで必要となるので、手帳に控えるかプリントアウトしてパスポートと一緒に保管しておきましょう。

ちび

エティアスの申請方法は難しくなさそうだね…

目次へもどる

まとめ|ヨーロッパ旅行が決まったらETIAS(エティアス)を忘れずに!

本記事では、今年運用開始が予定されているETIAS(エティアス)について、現時点でわかっている情報をまとめました。

日本国籍者へ向けてのETIAS(エティアス)情報
  • 2024年に導入予定(今後変更の可能性あり)
  • ビザを取得せずにヨーロッパへ90日以内の渡航をする人は、年齢を問わず申請が必須になる
  • 申請対象国は、ヨーロッパ 27ヶ国

もっと詳しく知りたい人は……

2023年5月時点での情報です。今後なにか変更があれば、確認次第アップデートします。

ヨーロッパ渡航のための新制度 ETIAS(エティアス)が導入されると、ほぼすべての日本人旅行者は該当国へ渡航する前に申請が必要になります。

運用開始時期についてはまだ最終決定ではないので、今後の新情報に注目です。

ちび

イタリアへ行く予定のある人は要チェック!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

参考サイト:ETIAS ETIAS application site 

関連記事

with コロナ時代の海外旅行だからこそ、予期せぬアクシデントにはしっかり備えたい」という人は、こちらの記事もご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次