海外旅行の準備に役に立つ情報はこちら >>

【元国際線CAが厳選おすすめ】また行きたいヨーロッパの街 6選!

<景品表示法に基づく表記>サイト内に広告を含みます
CAヨーロッパ旅

旅行好き女子に不動の人気なのがヨーロッパ。

筆者も例にもれずヨーロッパが好きで、仕事でのステイではもちろん、プライベートでも数え切れないほど多くの街を訪れました。

これまで訪れた中には「また行きたい!」と思うヨーロッパの街がたくさんあります。

そんな中から選りすぐった「またいつか行きたい♡ヨーロッパの街」を、エピソードを交えながら紹介します。

ヨーロッパは行きたい国が多すぎて、どこへ行こうか迷う…

という人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いたのは
ミエッタ

ミエッタです。
「伊・食・旅」をテーマに情報発信しています。

  • 乗務歴20年の元国際線CA
  • CA現役時代には平均週に1回以上の海外ステイ
  • 日本とイタリアをもっと自由に行き来したくて早期退職

4月1日発券分の航空券から燃油サーチャージが値下げされました。

タップできる目次

リスボン|懐かしさを感じる港町

リスボン
リスボンはここです

街にも食にも人々にも、なぜだか懐かしさを感じる港町です。

ただただゆっくりと流れる町の空気を楽しみながら、名物のエッグタルトを食べ歩きしたり、あてもなくトラムに乗ったり。

「好きな国は?」と聞かれたら、答える国の中にポルトガルは必ず入れています。

リスボンの坂道

リスボンでの夜、路地裏の小さな居酒屋で聴いたファドの調べは切なくて心に沁みました。

ポルトガル語は理解できないけれど、民族歌謡としてポルトガルで歌い継がれるファドの旋律には「人生の哀愁」を感じます。

ファド(fado)とは「運命」、または「宿命」を意味する…

ファドは2011年にはユネスコの「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に記載された。

Wikipedia「ファド」より抜粋

「ファドの女王」といえば、ポルトガルの国民的歌手・アマリア・ロドリゲス。

現地で買ったCDを久しぶりに聴きました。

ファドのCD

YouTube アマリア・ロドリゲスが歌うファドを聴く

ミエッタ

リスボンではぜひファドを生で聴いてみてね

旅の拠点としてのリスボン

ポルトガルの絵ハガキ
ポルトガルの絵はがき

ポルトガルは、できれば時間に縛られず自由に周遊したい国。

でも旅程に余裕がなく「せっかくポルトガルまで行ったのにリスボンしか観光しなかった」なんてことがあるかもしれません。

ミエッタ

リスボンの街は旅の拠点としても優秀なんですよ!

筆者のはじめてのポルトガルでは滞在日数が限られていたので、1日だけ「リスボン発日帰りツアー」に参加しました。

ミエッタ

貸し切りバスで連れて行ってもらったので、効率よくいろんな町を観光することができたよ♪

個人旅行でも現地発ツアーをうまく活用し、1日だけガッツリおまかせ旅をする…

とくに初めて訪れる国ではおすすめの過ごし方です。

目次へもどる

イギリス・ウェールズ地方|天空の城ラピュタのモデルとなった場所

イギリス・ウェールズ

イギリスの中では比較的観光情報が少ない印象のウェールズ地方。

ですが、もしかしたらウェールズと聞いてジブリ映画「天空の城ラピュタ」を思い浮かべた人もいるかもしれません。

宮崎駿監督はここウェールズ地方に滞在し、ラピュタの舞台「19世紀の架空のヨーロッパ」とされる土地のイメージを固めたといわれています。

ウェールズ地方はここです

ミエッタ

「天空の城ラピュタ」を観てからウェールズ地方を訪れてほしい

自然豊かなウェールズ北部|イギリス/ U.K. の中の外国

筆者が旅をしたのは 北ウェールズ地方。

旅の途中で見かけた表示には、すべてウェールズ語と英語の2ヶ国語で書かれていました。

ウェールズ地方の看板

しかも英語よりもウェールズ語が先に書かれていて、まるでイギリスの中の外国にいるかのよう。

ちび

ウェールズ語も公用語なんだね

国立公園のスノードニアをトレッキングしているときには、放牧されている小さな馬を見つけました。

ポニー

この地方が原産という、希少な仔馬ウェルシュポニーです。

ミエッタ

呼んでみたら、なんと近づいてきました!

ちび

かわいい!!!

ミエッタ

北ウェールズ地方ワンポイントガイド

北ウェールズ
ちび

北ウェールズ地方の見どころを知っておきたい

備忘録もかねて、訪れた場所などを記しておきます。

行くことがあれば参考にしてくださいね。

最寄りの主な空港
  • リヴァプール・ジョンレノン国際空港(LPL)
  • マンチェスター空港(MHT)
訪れた観光地
  • 雄大な大自然:スノードニア国立公園
  • 13世紀の要塞:コンウィ城
  • 世界遺産:カナーヴォン城
  • 城塞に囲まれたかわいい町:チェスター(イングランド)
  • 他に海沿いの町もおすすめ♪

鉄道やバスもありますが、北ウェールズを周遊したいならレンタカーを利用するのがベスト。

イギリスは日本と同じく運転席は右ハンドルなので、少し走ればすぐに慣れるでしょう。

ミエッタ

イギリスで運転する予定なら、国際免許証を日本で取得して持っていってね

もちろんレンタカーを借りない選択もアリです。

もしマンチェスターに宿泊するなら、現地発の日帰りウェールズ周遊ツアーに参加してみるのもおすすめ。

個人旅行でも、北ウェールズの主な観光地を効率よく周ることができますよ◎

ウェルシュポニーに出会えるかも…

ポニー

【マンチェスター発】専門ガイドが同行!北ウェールズ周遊1日ツアーをみてみる

目次へもどる

マントン|レモン祭りの町

マントン

2月とは思えない、まぶしい陽光が降り注ぐ南フランス・コートダジュール。

イタリアとの国境にほど近いマントンの町では「レモン祭り」が開催されていました。

マントンはここです

「レモン祭り」の会場内では、すべて柑橘類で作られた巨大なモニュメントの数々に圧巻!

毎年テーマが変わり、テーマに沿ったモニュメントが展示されます。

マントンのレモン祭り
レモン祭り

柑橘類のビタミンカラーは、見ているだけで元気になれます。

2024年「マントン・レモン祭り」情報とお役立ちアドバイス

2月のマントン

マントンからほど近いニースの町では、「レモン祭り」とほぼ同時期に「花のカーニバル」というお祭りが開催されます。

マントンの「レモン祭り」もニースの「花のカーニバル」も、今年2024年は同じ日程でした。

2024年度「レモン祭り」と「花のカーニバル」
ちび

お祭りに沸く2月の南仏コートダジュール!
せっかくだし両方のお祭りに参加したいね

レモン祭り開催中のホテル確保について

マントンのレモン祭り

お祭り期間中のホテルは、マントンもニースも、かなり早くから予約が埋まってしまうので要注意です。

実際、9月に訪問したときはマントンのホテルに宿泊できましたが、2月のレモン祭りの期間中は宿泊するホテルが見つかりませんでした。

もしマントンでのホテル確保が難航しそうなら…

マントンは国境の町。イタリアに宿泊してマントンを訪れるという手もあります。

おすすめはイタリアのサンレモ。フランスとの国境近くにある海の町です。

ミエッタ

わたしはイタリアのサンレモに泊まって、日帰りでマントンのレモン祭りへ行ってきたよ

ただしひとつ注意点があります。

サンレモでは、同じ2月に「サンレモ音楽祭」という大きな音楽祭がアリストン劇場で行われます。

音楽祭の開催期間中は、サンレモのホテルも早々に満室になるとのこと。

「マントンのレモン祭り」のためにサンレモでホテルを探すなら、サンレモ音楽祭の期間(2024年は2月6日~10日)を外して日程を組むことをおすすめします。

ホテルはオンライン予約が便利でおトク

ホテル予約状況】をホテルズドットコム Hotels.comで検索

目的地に「マントン/サンレモ/ニース」と入力すると検索できます

  • ホテルズドットコムへの無料会員登録で さらにおトクな会員価格が利用可能!
  • 10泊するごとに1泊分無料」でご褒美ステイもできる◎
マントンへの所要時間(鉄道利用)
  • 南フランスのニースから:約40分。
  • イタリアのサンレモから:およそ1時間弱

マントンの駅から「レモン祭り」の会場や観光スポットへは、すべて徒歩で行くことができます。

参考 海外のお祭りに興味のある人は「イタリアのお祭り」に関する記事一覧 から気になるイベントもチェックしてみてください!

ミエッタ

1年に1度しか見ることのできない「海外のお祭り」へ足をのばすのが好きです♡

目次へもどる

アムステルダム|アンネ・フランクゆかりの街

アムステルダム
アムステルダムはここです

筆者にとって、アムステルダムといえば「アンネの日記」の著者・少女アンネ・フランク(1929-1945)の街。

思いおこせば初めて「アンネの日記」を読んだのは、まだアンネと同世代だった10代の頃でした。

あれから時は流れ.. いつか行きたいと思っていたアムステルダムにあるアンネの隠れ家を訪ねました。

隠れ家を見学後、ショップで販売していた絵はがきの中に、隠れ家の小窓から見える西教会の時計台を見つけ、心惹かれ購入。

アンネが日記のなかで書いていた「西教会の鐘の音」のことを、ふっと思い出したからです。

買った絵はがきは素朴な木のフォトフレームに入れ、アンネが隠れ家から毎日見ていたかもしれない風景を時々眺めています。

アンネの家の絵はがき

昔読んだ本ゆかりの場所を訪ね、著者や登場人物に思いをはせる旅って好きなんですよね。

はじめてなのに、なぜか懐かしい…

アムステルダムもそんな街のひとつです。

ミエッタ

「アンネの日記」は、大人になった今もときどき読み返しています

アンネの隠れ家(アンネの家)の予約について

アンネの隠れ家(博物館)では、アンネが日記を書いていた潜伏部屋が当時のまま残されていて、資料とともに見学することができます。

見学の予約は公式サイトのみで受け付けていますが、人気の名所なので年々予約がとりにくくなっています。

でもそれはきっと世界中の多くの人々に「アンネの日記」が読み継がれている証。

もし見学予約がとれなくても、隠れ家や西教会のある界隈をふらり歩いてみてはいかがでしょうか。

【アムステルダム】アンネ・フランク ゆかりの地ウォーキングツアーもチェック

旅の拠点としてのアムステルダム

ザーンセスカンス

アムステルダムに数日ステイするなら、日帰り小旅行で他の町にも出かけてみては?

筆者もアムステルダムを拠点に、いろんな町を観光しました。

ミエッタ

アムステルダムは旅の拠点としてもおすすめの街♪

参考までに、アムステルダムからの日帰りオランダ旅で特に印象に残っているのが、風車村として知られる ザーンセ スカンス

ザ・オランダ的「風車のあるのどかな風景」に感動しました。

またアムステルダムを拠点に、隣国ベルギーへの日帰り観光も可能です。

ちび

オランダのアムスから国境を越えてベルギーへ!

中世の家並みと運河が美しいベルギーの古都 ブルージュへと繰り出しましょう!

ブルージュは、アムステルダムから日帰りで2度も訪れた大好きな町。

フォトジェニックな街並みにテンションが上がること間違いなしですよ♡

ブルージュ
ミエッタ

お決まりの運河クルーズのあとは、本場ベルギーワッフルもぜひ味わってね♡

個人旅行で列車の乗り継ぎが不安な人は、現地発ツアーを利用するのも手です。

アムステルダム発日帰りツアー

ベルギー・運河の町ブルージュ1日ツアーをチェックする
>> 中世のかわいい町を歩き、運河クルーズを楽しむ

ザーンセ スカンス風車村を歩く日帰りツアーをチェックする
>> チーズ試飲&木彫りの靴工房見学をふくむ

目次へもどる

グリンデルワルト|スイスを絵に描いたような町

スイス
グリンデルワルトはここです

スイスを絵に描いたような町グリンデルワルト。

母とヨーロッパを周遊中に数日ステイしました。

周遊といっても優雅な旅とはほど遠い、バックパッカーに近いスタイルの自由な旅でしたが。

ミエッタ

現地に着いてから、飛び込み交渉でホテル探しをしたことも

6月のスイスは、21時を過ぎてもまだ昼のように明るくて…

パンの切れ端をハトにやりながら、アイガー北壁が茜色に染まっていくのを、ふたりで眺めていたことをよく覚えています。

旅先でのなにげないシーンの記憶が心の財産に。

思い出すといつも、ほんわかとした気持ちを呼び戻してくれます。

スイス旅行とグリンデルワルト観光について

グリンデルワルト

スイスへは個人旅行で2回、6月と9月に訪れました。

6月のスイスは連日気持ちのいい快晴に恵まれ、エクスカーションを満喫。

日照時間も長く、若草や野花を愛でながらの山歩きには絶好のシーズンでした。

旅行の目的にもよりますが、スイス観光のマイベストシーズンは6月前半

なお6月下旬から7月8月にかけてもおすすめですが、ヨーロッパではバカンスシーズン入りするためホテル価格が跳ね上がります。

9月になるとスイスは天候が不安定、曇りや雨の日が多かったです。

グリンデルワルトに滞在したら、絶対に行きたいのがユングフラウヨッホやアイガー北壁。

アイガーへは アイガー・エクスプレスの利用がおすすめです。

ミエッタ

「グリンデルワルト・ターミナル」が始発駅

アイガー・エクスプレスは、登山鉄道よりも乗車時間が30分節約できる上、乗車するロープウェイは全面ガラス張りなので見晴らしが最高♡

ミエッタ

雄大なスイスの山々、牛たちが草花を食む様子、山を上る登山列車など、見ごたえたっぷり!

終着駅のアイガーグレッチャー(Eigger Gletscher)駅からは、スイスアルプスを代表するベルナーオーバーランド三山を間近に見ることができます。

ちび

「アイガー」「メンヒ」「ユングフラウ」の三山だね

なおハイシーズンはチケット売り場の混雑が予想されます。

乗車券は、前日までにネットで購入しておけば安心!

ロープウェイの乗り場ではスマホのQRコードを読み取るだけなので、チケット購入のために列に並ぶことなくスムーズに乗車できますよ。

【アイガー・エクスプレス】ロープウェイ乗車チケットを事前購入する

目次へもどる

イゾラ|対岸のイタリアンアルプスを眺めてリラックス

イタリアとの国境近くにあるスロヴェニアの海辺の町イゾラ。

ここが観光地だということを忘れてしまいそうになる、静かで落ちついた町でした♪

海岸線は、ぐるっと湾になっていて…対岸にはイタリアやアルプスの山々が見えました。

イゾラ・スロベニア
ちび

いい眺めだね~

イゾラはここです

イストラ半島の海岸に近い地域一帯は、オリーブ栽培が盛んです。

ミエッタ

スロベニア唯一のオリーブオイルの産地だよ

ということで、オリーブオイルの生産者を訪問しました。

日当たりのよい斜面には、海を見下ろすようにオリーブ畑が広がっていたのが印象に残っています。

スロベニアのオリーブ

スロヴェニア産オリーブオイルは、生産量が少ないため市場にはほとんど出回ってなく希少。

もしスーツケースに余裕があるなら、お土産に買って帰るのもおすすめです。

イゾラへ行くには?おすすめはワンデイトリップ

イゾラ・スロベニア

海沿いにこじんまりと佇むイゾラの旧市街は、半日もあれば散策できます。

ホテルは少ないようなので、他の町から日帰りで訪れるのがおすすめ。

ミエッタ

わたしはイタリアのトリエステから日帰りで行きました

  • トリエステ(イタリア)
  • リュブリャーナ(スロベニア)
  • コーペル(スロベニア)
  • ピラン(スロベニア)
  • ポレチュ(クロアチア)

などの町からイゾラ発着のバスが出ていて、日帰り小旅行が可能です。

イストラ半島では、鉄道よりもバスでの移動が便利!

目次へもどる

さぁヨーロッパを歩こう!|さいごに

アムステルダム

本記事では、元国際線CAトラベラーの「また行きたい♡ヨーロッパの街と地域」を紹介しました。

なおマントン(南フランス)とイゾラ(スロヴェニア)は、イタリアとの国境近くにある町です。

なのでイタリアからの日帰りショートトリップにもおすすめ◎

ちび

国境をまたぐ移動もヨーロッパ旅行の楽しみのひとつだね

EU諸国を出入りするときには国境でパスポートチェックがあります

イタリアとスロベニアの国境

この記事を読んで、もし気になる街が見つかったら、あなたもヨーロッパへ旅に出ませんか?

海外の空気が、きっと心に新鮮な風を吹き込んでくれますよ。

【目的別】海外旅行の手配に便利なサイト・おすすめはこちら

人とは違った「こだわりの旅がしたい」

でも「自分で手配するのは自信がない」という人へ

旅の専門家に相談する オーダーメイド旅行 が人気です

\ 旅づくりの専門家への相談料が無料 /

リンク先:WEB TRAVEL

旅プランも手配も、すべて自分で行いたい人へ

筆者もよく利用する ホテル予約サイトです。

\地図を表示させてのホテル検索が便利/

リンク先:Hotels.com

  • 無料会員登録で さらにおトクな会員価格が利用可能!
  • 10泊するごとに1泊分無料」でご褒美ステイもできる 

航空券+宿泊を同時予約したい人へ

お気に入りの1都市でゆっくりステイするなら「航空券とホテルのセット予約」がおすすめ。

ワンアクションで簡単なうえ パッケージ割引が適用されるのでおトクに予約ができますよ。

\ 世界30か国を網羅 /

リンク先:エクスペディア

  • 世界中を網羅するエクスペディアなら選択肢が豊富!

▶▶ 主要国の最新渡航情報もチェック

本記事が、あなたの海外旅行にとって何かの参考になれば嬉しいです。

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

ミエッタ

Have a nice trip ♪ 楽しい旅になりますように

あわせて読みたい
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次