★ このサイトは記事内に広告を含むことがあります★

【10月から改悪?】エポスカード付帯の海外旅行保険|変更前と比較してわかったこと

エポスカードの新サービス
海外旅行好き女子

エポスカードの海外旅行保険が改定されたと聞いたけど、どう変わったの?

エポスカードは、海外旅行好きに人気のクレジットカードです。

仕事で海外ステイをすることが多いCA仲間も、当然のように持っていました。

その人気の理由は…

  • 年会費無料のクレジットカードとしてはレアな「自動付帯の海外旅行保険」をはじめ、
  • 「海外旅行緊急時における24時間日本語サポートサービスを利用できる」
  • 「盗難などによる不正利用の損害を全額補償してくれる」など…

海外旅行中のアクシデントへの補償やサポートが有料級に充実しているから。

ミエッタ

これでホントに無料なの?と心配になるほど♡

このように海外旅行に強いエポスカードですが、海外旅行保険に関するサービスの一部が変更されました。

10月からエポスカードの海外旅行保険が一部改定に!

2023年10月1日(日)以降に日本を出発する旅行から

  • 海外旅行傷害保険が 自動付帯から利用付帯へ変更
  • 補償金額が一部変更
ちび

エポスカードのサービス内容が改悪?

筆者も一瞬「改悪キターーー」と思いましたが、変更内容をよく調べてみると、ぜんぜん改悪ではなかったです♡

ぶっちゃけ個人的には「これまで以上にメリットが大きくなった!」とさえ感じました。

10月以降のサービス改定によりメリットが大きくなったと思う理由は、次のふたつです。

  • 利用付帯の適用条件が多く、保険適用へのハードルが低い
  • 海外旅行保険の補償が一部増額され、さらに手厚い内容になった

結論 これからも、エポスカードは 海外旅行好きにとって最強の無料クレジットカード

本記事ではエポスカードに付帯する海外旅行保険をこれまでと比較し、

「変更前とどう変わったのか?」をくわしく解説します。

こんな人に向けて書きました
  • 海外旅行に強い無料クレジットカードをつくりたい人
  • 海外旅行の予定があるけど旅行保険をどうしようか?と悩んでいる人
  • 海外へ行くときにエポスカードを持っていっている人

海外旅行に大きな安心をプラス!エポスカードの申し込みはこちら【無料】

上のリンクから申し込むと 2,000円分のエポスポイントがもらえます。

>>「エポスカードってなに?」という人は、【最新版】エポスカードのメリット・デメリットについて書いた記事もあわせてご覧ください。

この記事を書いたのは
ミエッタ

ミエッタです。
「伊・食・旅」をテーマに情報発信しています。

  • 乗務歴20年2ヶ月の元国際線CA
  • CA現役時代には平均週に1回以上の海外ステイ
  • 渡伊回数が100回を超えてしまったイタリア好きトラベラー
タップできる目次

改定してなにが変わった?エポスカードの「海外旅行傷害保険」

エポスカード

海外旅行好きに人気の高い、永年無料のクレジットカード「エポスカード」。

これまでのエポスカードを海外で持つ主なメリットは、下記のとおりです。

海外旅行でエポスカードを持つメリット(9月30日まで)
  • 永年無料なのに 海外旅行保険が自動付帯
  • 海外で必要性の高い保険をしっかりカバーした補償内容
  • 海外でカードの紛失・盗難・不正使用被害にあった時のサポートや補償が万全
  • 世界38都市の現地デスクで、安心の日本語サポート
  • 海外のATMを利用し現地通貨を引き出すことができるので、出発前に外貨両替をしなくていい
  • カード利用状況によっては、ゴールドカードへの無料招待もあり

エポスカードの海外旅行保険は、三井住友海上火災保険株式会社 が引き受け保険会社。

海外旅行中のケガや病気、携行品の盗難や破損などのトラブルなど、ほかにもエポスカードを持っているだけで手厚い補償と安心がついてきました。

そんなエポスカードの海外旅行保険でしたが、2023年10月1日以降に出発する旅行から内容が一部変更になりました。

変更点は2つです。

  • 無料クレカなのに海外旅行保険が自動付帯
    →10月から利用付帯へ変更
  • 海外で必要性の高い保険をしっかりカバーした補償内容
    →10月から補償内容が一部増額

海外旅行傷害保険が利用付帯に変更【ただし適用条件が幅広い◎】

もともと、エポスカードの海外旅行保険は自動付帯でした。

自動付帯とは:クレジットカード利用の有無に関係なく、旅行にカードを持っていくだけで海外旅行保険が適用されること

しかし10月1日以降は、エポスカードの海外旅行保険が利用付帯へと変わりました!

利用付帯とは:そのクレジットカードで旅行代金を支払うと、海外旅行保険が適用されること

ちなみに無料クレジットカードの場合、海外旅行保険が付帯されていたとしても利用付帯なのが一般的です。

ミエッタ

自動付帯から利用付帯になったのも、時流に沿った変化かと……

利用付帯になったエポスカードの海外旅行保険ですが、保険適用の基準が低いということがわかりホッとしています。

というのも、同じ利用付帯とあっても、クレジットカードによって保険が適用となる基準は随分と違うからです。

ちび

前もって「利用付帯の条件」をしっかり確認しておくことが大切だね!

たとえば….

同じく無料クレジットカードである「楽天カード」を例に、海外旅行保険が適用になる条件をみてみましょう。

楽天カードの場合

海外旅行保険の適用条件(利用付帯)について

保険が有効となるには、日本出発までに 『海外旅行のツアー代金(=募集型企画旅行の料金』 に該当する代金を利用条件のある楽天カードで支払っていることが保険適用条件になります。

なお『募集型企画旅行』に該当するかわからない人は、購入先の旅行代理店で問い合わせるようにとのこと。

自宅ー空港間の公共交通機関の乗車料金は、楽天カードで支払っても保険適用とはなりません。

ちび

保険適用条件がかなり限定されているね

ミエッタ

楽天カードはわたしも持っているけど…
海外旅行保険に関しては、保険適用となる条件に合わなくて残念なことが多い

一方のエポスカードは、同じ利用付帯でも海外旅行保険が適用になる基準は低く、利用しやすい設定となっています。

エポスカードの海外旅行保険が適用になる旅行費の支払い(例)

保険が適用になる支払い具体例
パッケージツアー旅行会社で予約した海外旅行ツアー代金(募集型企画旅行)
航空券渡航先への航空券
海外旅行先までの乗り継ぎ便航空券
電車空港に向かう鉄道代金(定期券利用も含む)や有料特急列車代金(新幹線、成田エクスプレス等)
海外で乗車した電車乗車代金
バス空港に向かうリムジンバス・路線バスの乗車代金(定期券利用も含む)
海外で乗車したバス乗車代金
タクシー空港に向かうタクシー乗車代金
海外で乗車したタクシー乗車代金
※2023年10月1日以降に日本国内を出発する海外旅行から有効

参考元:EPOS Net

ミエッタ

上記の交通費を1円以上エポスカードで支払うだけで、海外旅行保険に加入できるよ

乗車時に利用したSuicaやPASUMOなどのチャージをエポスカード払いにした場合も対象となります◎

もちろん旅行出発前の事前申し込みは必要ありません。

旅行中に交通費をエポスカードで支払った場合、海外旅行保険が適用となる期間は以下になります。

【海外旅行保険の適用期間】

乗車代金をエポスカードで支払ったとき(日本・海外)から、旅行を終えて日本の住居に帰宅するまで

乗車代金をカード決済する前に保険対象事由が発生していた場合は、保険適用にはなりません。

ちび

当たり前といえば当たり前のことだけど…
この点は注意が必要!

ミエッタ

保険適用期間を旅行初日からにしたければ、自宅から空港へ向かう交通費をエポスカード払いにすればよいね

自動付帯ではなくなったのは残念ですが、正直 エポスカードの海外旅行保険は使いやすいと感じました。

旅行会社のツアーを利用しない 個人旅行出張で海外へ行く人も、エポスカードの海外旅行保険の適用基準ならクリアできそうです◎

ミエッタ

よかった~♡

もちろん自動付帯から利用付帯に変更となっても従来までと変わらず、ほかのクレジットカードに付帯の海外旅行保険と補償金額の合算※ができます◎

(※傷害死亡・後遺障害保険を除く)

海外旅行保険付帯クレジットカード
ちび

エポスカードは利用付帯の基準が低いので、ほかの無料クレカに利用付帯の海外旅行保険と併用もしやすいね

これからもエポスカードの海外旅行保険を利用し、タダで旅の補償や安心を大きくしましょう!!

海外旅行傷害保険の補償内容が変更され、一部増額へ

海外傷害保険

出典:EPOS Net

2023年10月1日から、エポスカードに付帯の海外旅行傷害保険の補償金額が一部変更されました。

「補償内容」と「2023年10月以降の変更点赤文字)」は、次のとおりです。

スクロールできます
保険の種類9月30日(土)以前New! 現行の補償額具体的な補償内容備考(限度額)他保険との合算の可否
傷害死亡・後遺障害最高500万円最高3,000万円旅行行程中でのケガで死亡した場合・もしくは後遺障害を負った場合に補償
傷害治療費用200万円200万円旅行行程中でのケガの治療費用を補償1疾病につき
疾病治療費用270万円270万円旅行行程中での病気の治療費用を補償1事故につき
賠償責任(免責なし)2,000万円3,000万円旅行行程中に誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の賠償責任を負った場合を補償1事故につき
救援者費用100万円100万円海外旅行先でケガや病気で入院して、家族が現地に駆けつけた場合の費用を補償会員資格期間につき
携行品損害(免責3,000円)20万円
※1個・1組・1対あたり10万円限度
20万円
※1個・1組・1対あたり10万円限度
旅行行程中に「被保険者が所有かつ携行する身の回り品」が盗難にあったり壊れた場合を補償1旅行・会員資格期間につき

参考元:EPOS Net日本損害保険協会

ミエッタ

無料クレジットカードに付帯の海外旅行保険とは思えない、高額な補償金額となりました!

ちび

さらに頼れるエポスカードになったね

もともと海外旅行中に必要性の高い保険をカバーしていたエポスカードの海外旅行保険。

今回の改正では保険の種類はそのままに「傷害死亡・後遺障害保険」と「賠償責任保険」の 補償金額が増額され、より手厚い内容となりました

【結論】エポスカードは海外旅行にさらに強くなった|まとめ

エポスカード
海外旅行でエポスカードを持つメリット
  • 無料クレカなのに海外旅行保険が自動付帯
    →10月から利用付帯へ変更
  • 海外で必要性の高い保険をしっかりカバーした補償内容
    →さらに手厚く
  • 海外でカードの紛失・盗難・不正使用被害にあった時の補償やサポートが万全
  • 世界38都市の現地デスクで、安心の日本語サポート
  • 海外のATMを利用し現地通貨を引き出すことができるので、出発前の外貨両替をしなくていい
  • カード利用状況によっては、ゴールドカードへの無料招待もあり
    →筆者は2023年に無料のエポスカードを申し込み、わずか7ヶ月足らずで無料ゴールドカード招待状が届きました!
    詳細は エポス修行レポの記事をご覧ください。

2023年10月1日から、エポスカードの海外旅行保険が自動付帯から利用付帯に変わりました。

とはいえエポスカードの海外旅行保険適用へのハードルは低く…

たとえば、空港へ向かうときに利用するリムジンバスや電車の乗車代金をエポスカードで支払うだけで保険適用に!

今回の改正では保険の種類はそのままに「傷害死亡・後遺障害保険」と「賠償責任保険」の補償金額が増額、さらに手厚い内容にもなりました。

ミエッタ

ほかの海外旅行保険と補償金額を合算すれば、安心をさらに大きくできる♡

昨今の円安でなにかと費用がかさむ海外旅行。

手厚い海外旅行保険無料で加入できるエポスカードを利用しない手はありません。

ちび

かけすての海外旅行保険代を節約したい!

結論:エポスカードは10月以降も 海外旅行に強いクレジットカードです。

まだエポスカードを持ってない人は、今のうちにつくっておけば出発直前に慌てないですみますよ♡

海外旅行に大きな安心をプラス!

上のリンクからの申し込みで2,000円分ポイントプレゼント

▶▷エポスカードについてくわしく知りたい人は「【最新版】エポスカードのメリット・デメリット」について書いた記事もあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次